免許合宿時の一時帰宅について1


免許合宿で運転免許を取得しようと考えたときに誰もが2週間以上、自宅には戻らず自動車教習所と宿舎がある施設に泊まり込むという認識があると思います。もちろんその考えは間違っておらず、基本的には泊まり込みで免許を取得するというスタンスが一般的な流れです。しかし、中には数は少ないものの泊まり込みの途中で一時的に自宅へ帰宅ができるという自動車教習所もあるということは、ご存知でしたか?

ただし、やはり認めている自動車教習所はほとんどないのですが、一時帰宅が認められている自動車教習所でもどんな場合でもOKというわけではなく、一時帰宅を認める条件やケースを定めているのが現状です。時期的なところでいうと、年末年始をまたぐ場合です。どうしても年末年始は自動車教習所もお休み期間に入りますので、参加者もその期間は自宅に一時帰宅しなければいけません。ただし、この場合は参加者都合ではなく、自動車教習所都合ですので、一時帰宅時にかかる交通費は自動車教習所側が負担するのがほとんどです。負担してくれるということは、教習費用は変わりませんのでその分少しお得になるということです。

また、自動車教習所によっては自動車教習所はお休み期間に入りますが、参加者は強制的に一時帰宅するのではなく、その宿舎に泊まることを認めている自動車教習所もあります。その場合は食費が負担されないところが多く、食費は実費になってしまいますので、その出費をどう考えるかによっては損をしてしまうこともありますので、交通費を負担してくれるということであればやはりその時期は一時的に帰宅した方が金銭面的には良いかもしれません。もちろん年末年始にまたぐ合宿免許に参加した場合はその休み期間分の時間は教習は受けられませんので、通常の免許合宿よりも時間がかかるということを予め計算して参加することを決めましょう。