免許合宿時の一時帰宅について3


免許合宿で自動車免許を取得する場合、一時帰宅が認められるケースがあります。最も多いケースが年末年始にまたがるカリキュラムの際に自動車教習所のお休み期間で、一時帰宅するケース。もう一つが、学校行事や法事など個人的な事情で一時的に帰らなくてはいけないというケースです。この二つが一時帰宅できる免許合宿のほとんどのケースなのですが、もう一つ一時帰宅が認められているケースがあることをみなさんご存知でしょうか?

認められる場合というよりかは一時帰宅しなくてはいけないというケースなのですが、免許合宿では、合宿期間中に仮免許試験があります。この仮免許試験に3回落ちてしまうと、免許合宿中では仮免許試験が受講できず、仮免許を取得できなければその先の教習に進むことができませんので、一時的に帰宅をして、自宅付近の自動車教習所で改めて仮免許を取得しなければなりません。そして、仮免許が取得できたら合宿免許先に再入校となりますので、結果的に一時帰宅をするというケースになります。これはどの自動車教習所でも同じ対応となります。

また、自宅付近の自動車教習所で仮免許を取得する際は、免許合宿先での証明書や身分証明書、更には住民票が必要となりますので、少し面倒な部分があります。このような形で一時帰宅にならないよう仮免許は免許合宿期間中の3回で取得できるように頑張ってください。