免許合宿時の一時帰宅について4


通常、自動車免許を取得する際には通学型で自宅付近の自動車教習所で取得することが多いですが、中には休みを利用して、地方の免許合宿先において短期間で免許を取得するといった方も少なくないのではないでしょうか?しかし、学生なら長期間の休みを利用して免許合宿に参加できますが、既に社会人の方などまとまった休みが取れずに免許合宿では免許を取得できないという方も多いはずです。そういった人の中でも2週間のまとまった休みは取れないものの分けて休みを取れる方であれば、免許合宿で可能であれば取りたいという方も少なからずいらっしゃいます。

一時帰宅を原則認めていない合宿免許ではありますが、法事や卒業式、内定式などのどうしても抜けられない用事と教習期間が重なってしまった場合、一時帰宅を認めている自動車教習所が全国にいくつかあります。しかし、ネックになるのは、そういった一時帰宅をする方の一時帰宅時の交通費は自己負担になってしまうということです。どうしても免許合宿で免許を取得したいが、まとまった休みが取れない方には、こうした一時帰宅を許可している自動車教習所は非常にメリットがある自動車教習所です。

一時帰宅時の交通費自己負担分を考えたときにメリットがあるかどうかは個人の考え方次第と言えるでしょう。ですが、数は多くはありませんが一時帰宅を了承している教習所は全国各所にありますので、自分に都合の良い場所で選択すれば問題はないかと思います。

参考サイト≪合宿免許の激安・格安プランをご紹介|合宿免許の免許の匠


免許合宿時の一時帰宅について3


免許合宿で自動車免許を取得する場合、一時帰宅が認められるケースがあります。最も多いケースが年末年始にまたがるカリキュラムの際に自動車教習所のお休み期間で、一時帰宅するケース。もう一つが、学校行事や法事など個人的な事情で一時的に帰らなくてはいけないというケースです。この二つが一時帰宅できる免許合宿のほとんどのケースなのですが、もう一つ一時帰宅が認められているケースがあることをみなさんご存知でしょうか?

認められる場合というよりかは一時帰宅しなくてはいけないというケースなのですが、免許合宿では、合宿期間中に仮免許試験があります。この仮免許試験に3回落ちてしまうと、免許合宿中では仮免許試験が受講できず、仮免許を取得できなければその先の教習に進むことができませんので、一時的に帰宅をして、自宅付近の自動車教習所で改めて仮免許を取得しなければなりません。そして、仮免許が取得できたら合宿免許先に再入校となりますので、結果的に一時帰宅をするというケースになります。これはどの自動車教習所でも同じ対応となります。

また、自宅付近の自動車教習所で仮免許を取得する際は、免許合宿先での証明書や身分証明書、更には住民票が必要となりますので、少し面倒な部分があります。このような形で一時帰宅にならないよう仮免許は免許合宿期間中の3回で取得できるように頑張ってください。


免許合宿時の一時帰宅について2


一時帰宅が認められている自動車教習所は少ないですが、認めている自動車教習所では一定の条件を定めているところがほとんどです。年末年始などにまたがる免許合宿を除いて、自分の私情で仕方なく免許合宿中に一時的に帰宅しなければならない場合、どのようなことであれば認められるのでしょうか?

基本的に免許合宿中に私情で一時帰宅をすることは認められていません。従って、一時帰宅をする場合は免許合宿申込時に事前に自動車教習所側に申請し、その申請が受理されるかどうかで一時帰宅がOKかどうかが決定されます。具体的に挙げるとすれば、学生であれば学校行事などが挙げられ、社会人であれば友人の結婚式や親戚の法事など特別な事情がある場合がほとんどです。私情といっても自分ではこのように回避できないことのみ認めているケースですので、バイトがあるからや友達と遊ぶ予定があるからといった個人的な事情では一時帰宅は認められません。

また、認められたケースでも自動車教習所側には全く関係のないことですので、一時帰宅にかかる交通費は自己負担となります。どうしてもその期間に免許合宿に参加しなくてはいけないという理由がない以外には日程をずらして参加する方が費用面ではお得と言えるでしょう。


免許合宿時の一時帰宅について1


免許合宿で運転免許を取得しようと考えたときに誰もが2週間以上、自宅には戻らず自動車教習所と宿舎がある施設に泊まり込むという認識があると思います。もちろんその考えは間違っておらず、基本的には泊まり込みで免許を取得するというスタンスが一般的な流れです。しかし、中には数は少ないものの泊まり込みの途中で一時的に自宅へ帰宅ができるという自動車教習所もあるということは、ご存知でしたか?

ただし、やはり認めている自動車教習所はほとんどないのですが、一時帰宅が認められている自動車教習所でもどんな場合でもOKというわけではなく、一時帰宅を認める条件やケースを定めているのが現状です。時期的なところでいうと、年末年始をまたぐ場合です。どうしても年末年始は自動車教習所もお休み期間に入りますので、参加者もその期間は自宅に一時帰宅しなければいけません。ただし、この場合は参加者都合ではなく、自動車教習所都合ですので、一時帰宅時にかかる交通費は自動車教習所側が負担するのがほとんどです。負担してくれるということは、教習費用は変わりませんのでその分少しお得になるということです。

また、自動車教習所によっては自動車教習所はお休み期間に入りますが、参加者は強制的に一時帰宅するのではなく、その宿舎に泊まることを認めている自動車教習所もあります。その場合は食費が負担されないところが多く、食費は実費になってしまいますので、その出費をどう考えるかによっては損をしてしまうこともありますので、交通費を負担してくれるということであればやはりその時期は一時的に帰宅した方が金銭面的には良いかもしれません。もちろん年末年始にまたぐ合宿免許に参加した場合はその休み期間分の時間は教習は受けられませんので、通常の免許合宿よりも時間がかかるということを予め計算して参加することを決めましょう。